医療や福祉に阻害されやすい、主体性。

患者としての側面を持って生きていると、主体性を阻害される部分が大きいと感じてる。


医療や福祉や誰かが決めてくれれば、楽な側面もあるから。

そして、その医療や福祉が過保護な一面を見せ、その人の自立心を奪う側面もまた持っていると私は思っているから。


医療や福祉を頼ってはいけないわけではないけれど、依存してはいけない、


所詮、医療や福祉だから。


私の人生を決めるのは私自身でいいと思うから。

ちちぶWRAP

埼玉県秩父市でWRAP(元気回復行動プラン)のワークショップを夫婦で開催しています。#WRAP